黒ハート

2017年10月31日

孤独の仲間☆無言の相手を愛おしむ♪

(。・_・。)ノ、
おはよう(^-^*)/、
 朝早く、起きたてで、彼をまず見る。
おはよう♪〜♪

優しい声? あるいは、元気いっぱいの声??
すぐにエコーのように反応してくれる。

愛らしい 彼。いや彼女??
それはどちらでもいい。
同居人が決める事になる。
初めてあったときに決まる。

おはよう♪
ほお擦りするのが、彼女なら、そこでいつも微笑んでいるのは彼氏だ。
遠目に眺めてるのが男なら、そこでじっとり座り込んだままでいるのは、彼女だ。

ところで、
男女二人の部屋に同居しているこの個は、『フジミ』と名付けられている。
(不死身??)
20171031115618041.jpg
寒くなってきたので、ウール100%のセーターを着せて貰ってる。
見る相手によっては、フジミちゃんと呼ばれたり、フジミくんと呼ばれたりしている。

20171031120057914.jpg
 リビングの右側に、どんと席を用意されて、来る客をもてなそうとしているようにも映る。座り込んだ格好が愛嬌たっぷり??ともいえなくもない。

千客万来とは、その昔は、猫の役目だったようだけれど、最近では、肌触りの良いクマが好まれている様子。

小さなクマは、幼児向け。大きいクマは、孤独な大人向け。
価値感の違う男女が、離別の危機に静かに遭遇した際に、この個のおかげで、危機を免れたいきさつがある。

子供達も巣立ち、夫婦は父と母の役割を終えたと思われたとき、男女に戻る。

男女に戻った彼らは、互いにそれぞれの価値観の違いを思い出す。
残された時間は、多くない!
互いが、自由に生きるチャンスは、まだ残されている?!
 
 行きすぎた歳月は、取り返しがつかない。思考形態の違い、価値観の違い、そのほか、互いの相性の悪さに、構っておられないほど、生活に追われて、やっと一息つけるようになったときに、今一度相手を見たときにあまりにも理想の相手とは掛け離れている互いのイメージに、そこで御破算となろうものの、寄る歳に勝てぬ行動力のスローダウンで、行動するまでの距離がゴールが見えぬまま、、、、。

 ショッピングフロアで、元気いっぱいに笑って迎えた一個のクマがいた。

「この個、連れてって、って、言ってるみたい?」
「そうだね−、連れていこう♪」
何十年ぶりかの意見一致。それはとてもスムーズな。

かくて、フジミの居場所が、ショッピングフロアから、不仲な男女の住む家のリビングスペースの上座に陣取る事となったのである。

人間って、本来は一人ぼっちなんだ。
クマがそれを教え、そして、そっと彼らを慰めている。


posted by 七色花面 at 12:25| 人間観察日常の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

バッタの時間

20171010082853615.jpg20171010082834333.jpg20171010082815447.jpg
コンクリートの上で
裸の時間
20171010083027312.jpg
posted by 七色花面 at 08:31| 人間観察日常の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

土日祝モーニングサービス成田線

20171008095100060.jpg
久々に歩いた。
お腹が空いてきた。
激安ファミレス、ジョイフルに入った。

20171008095238296.jpg

モーニングサービスというから、朝の時間帯と思い込んでいると、もったいない(≧ω≦)!

ジョイフルの営業時間は、24時間。
全てのお客様に合わせたモーニングサービスらしい。

夕方起きて来る人にとって、おはよう(*゚ー゚)vサービスタイムといえば、一般的多くとはディナータイムと被る、それでもジョイフルファミレスでは、その人にはモーニングサービスを提供している。

これが何時であっても同じことだ。

全てのお客様に合わせて、モーニングサービスを提供している。

つまり24時間いつでも、モーニングサービスを提供している、ということだ。

、、、、

そろそろ、デザートを食べて、そして店を出ようと思った。

オーダーボタンを押す20171008112219557.jpg

すると、やってきたのは、さっきの若い女性店員ではなくて、ニキビが目立つ中年のおじさんだった。

デザートをオーダー、すると、「少々お時間かかりますが、よろしいでしょうか?」
20171008112525567.jpg「どれくらい??」
「わかりません。今、混み合っているので、10分,20分、1時間くらい??」
「要りません」

デザート類は、フロアの店員が作って出すというのは、他のファミレスがとっているシステムだが、ここもか??

おじさんは、デザートの注文は嬉しくないらしい。迷惑そうな顔つきだったので、注文を取り消した。

ドリンクバーだけでも、いいか、。

店内を、見渡して見る。
フロアは、さっきのおじさん一人だけだ。
キッチンは、若い女性から、若い男性に、いつのまにか変わっていた。

交替時間を過ごしたのだ。
  • 20171008112025345.jpg
posted by 七色花面 at 09:57| 人間観察日常の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

赤い羽根共同募金★赤十字以外

 流行の『オレオレ詐欺』も顔負け。

『赤い羽根募金』を名乗る、共同募金寄附受付グループの存在が確認された。


今年も10/1から、赤い羽根共同募金の運動が始まったという回覧が、自治会経由で、9月下旬から廻されている。


 20170930075745210.jpg20170930075713814.jpg

 寄附の運動?
『募金は、強制ではありません』などと、さも当たり前の事がかかれてある。

 街頭へ出れば、募金活動も頻繁に見かける現代であるが、

 その昔、何も知らない時期に、せっせと、募金活動を見ては、「ご苦労様」と、自分達の事も満足でない者が、

 その日のわずかばかりの食費から、
思い切って、一食分を削っては、
『自分達よりも貧しい人たちのために』、『自分達よりも苦しんでいる人達のために』、

募金活動に応じ、『ナケナシの貴重な労働の対価』である金銭を、そこに投じていたことがあった。

 ある日、職場の上司と、外回りで歩いていた時に、街頭募金に遭遇。

すぐに応じようとすると、上司が言った。
「やめといた方がいい。あれらは、皆、詐欺だ。使い道が不明確でも、報告の義務はない。新聞でも暴露された。寄附とか、募金という名を語った、主催団体の資金集めにすぎない。募金は、赤十字の赤い羽根募金のみで、他は詐欺だ。」

なるほど、そういえば、、、。

あれから、20年以上が経過している。

そうした募金詐欺が、暴露されつづけて、募金詐欺の話題が下火になって、世間一般では、オレオレ詐欺の各種パターンが発表されたりしているが、

そうか、『赤い羽根★共同★募金』というのがあるのだ!

『赤い羽根募金』の名称は、その昔は、赤十字社がやっていたが、最近では、よく見ると、赤十字以外の団体が、赤い羽根を配りながら、赤い羽根共同募金という名称で寄附を募っている。

『強制では、ありません』という文言を綴って。

 当たり前だろう!
 しかし、この文言が、仕掛けの一つ。読む人を応じさせる心理テクニックなのだから。

自治会が、協力しているのであれば、つき合いもやむを得ずというのが期待の一つかもしれないが、熟年者が増えた最近の自治会の役員はこれを頭でこなす。

 「(自分達よりも、貧しい人たちがいる)と信じて」寄附したい人向けに寄附の機会が得られるよう、あらゆる機会を活かしているという手段で対応している。
posted by 七色花面 at 08:41| 人間観察日常の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

ナイススマイル♪美味しいカレー店

ハッピーらいふ♪

 すごい美味しいカレーのお店

今日も足を運ぶ♪

場所は、浅草、国際通りに面したところ。

ダルカレーと、サグチキンカレーを注文。

20170909115408836.jpg美味しいカレーの正体は、
何も薬膳カレーのみならず、
注文を聞きに来る店員さんにその秘密あり。

ハッピーバースデー♪
バースデーギフトを持ってやってきたお客もいる。

ナイススマイル♪

美しい笑顔、心も身体も一瞬で、癒されてしまう、。

その後に出てくる料理が、どれだけ美味か、想像しがたい。

味わう喜びもついて来る。
  • 20170909122457912.jpg
posted by 七色花面 at 12:25| 人間観察日常の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
晴れ