黒ハート

2017年01月03日

忘れ物とは?正月早々

20170103175918494.jpg
posted by 七色花面 at 17:59| 人間観察日常の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

18歳解禁論?!酒・タバコの年齢制限の見直し消滅!!!

これは当たり前!!!


選挙権の年齢が、来年の参院選から「18歳以上」に引き下げられるのに伴い、自民党の「成年年齢に関する特命委員会」が検討していた飲酒や喫煙の「18歳解禁案」。


当初は解禁を妥当とする案が検討されていたというが、結局、18歳解禁論は白紙撤回。

こんなのは当たり前!!!
議論の余地無し!
議論をしていたのは、若い世代への興味関心を引かすパフォーマンスであったのだろうと、思える。
肉体的にも精神的にもバランスよく成人するのは、18歳や20歳でもなく、23歳頃であるというのは、人間生活状態の中でよく知られた事実でもある。
 
酒アルコールたばこの害は、未成年の肉体には、近い将来、確実性の高いリスクがつきものである。

酒たばこ18歳解禁案、白紙撤回当然の結果であった。
posted by 七色花面 at 08:33| 人間観察日常の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

サントリープレミアムモルツ!

う、、うま!
ビールのお飲み比べを梯子しながら、してみた結果である。
なんと、日本のビールの中では、断トツなのだわ、、サントリープレミアムモルツ!
まろやかさ、口に含んだ一口の細やかな振動数、優しささえ感じられるという、まるで口に含んだ芸術作品を味わっているかのようである。
先だって東京は虎ノ門、虎ノ門ヒルズの1階ロビーバーで、ビールの飲み比べをしてみた感想である。
お冷やグラスくらいのコップ一杯で500円。ハッピーアワータイムの料金。
やっぱり噂通りか。
人気ブランド、サントリープレミアムモルツ!
前回は、池袋駅前の居酒屋でプレミアムモルツ飲み放題。、生ビールはモルツだけ、だったので、ここまで分からなかったが、優しさのビールはサントリープレミアムモルツと身体が覚えた感がある。
しかも、翌朝顔に浮腫が出ない生ビール。
インチキまぜものなしと確信のビールと覚えてファンになった。
そこで機会あってのビール飲み比べ会。
すごいバランスが整っているビール。
優しさと細やかさ、まろやかさが整っている生ビールはサントリープレミアムモルツ!
そして、その後の会社帰りの一杯いこかに、上野駅待ち合わせで、構内特急券売り場の窓口そばにあるバーで、店前公開メニューに、サントリープレミアムモルツがあるのを発見!
モルツを飲もうと、意気投合してそのバーに入った!
わおっ!この味!
柔らかい泡!細やかな泡!今度は泡にまで味わいを拡げながら、楽しませていただいていた。やっぱり美味しい(^〜^)、、満足!
ヤミツキになったのか?
週1回の会社帰りの自由時間。
ちょっと食事を、に、一杯飲もうかとなったのだ。
もちろん、サントリープレミアムモルツでしょ。
この日の機会では、千葉県は柏駅で下車。東口駅前をウロウロしながら、商店街のビル前の居酒屋公開メニューに見つけたサントリープレミアムモルツの文字誘導。。
早速メニュー主お店に直行!
一番先に注文したのが、もちろん!
サントリープレミアムモルツ生一丁!
女性店員さんが、中ジョッキを持って来てくれた。そうだ、サイズがあったのだ、机上メニューをよく見て注文した方がよかったかな。ま、いっか。
と、乾杯! 今日もお疲れ様でした!
グイっと、一口ぐびっ!
おっと、何じゃこれは!?
思わず、店の名前を確認する。ここは柏駅そばのビルの中にある居酒屋和民。
何じゃこれは!
このビール、サントリープレミアムモルツじゃあない!
連れにも確認する。
なんなん、このビール。
さっき、プレミアムモルツって注文したよね?
何処のブランドビールなん?
ここのプレミアムモルツっちゅうのは?
全然味も味わいも感覚も違う。
大雑把でガサツなビール、ちょっと水っぽいし、荒っぽい! ドイツビールのレギュラービールに似た感じかもね。
これは、全く違う。
サントリープレミアムモルツではない。
そこで、店内机上メニューを確認する。
一体何処のブランドやねん。
プレミアムモルツっちゅうのは?
ブランドまで指定しなかった私が悪い。
入口で、サントリープレミアムモルツがああるというのを確認したとはいえ、注文で、サントリーを指定したわけではない。

口にしたこの生ビールは、虎ノ門ヒルズの1階ロビーバーや、上野駅構内特急券売り場窓口そばにあるバーで味わった、サントリープレミアムモルツという名称で運ばれて来る生ビールとは格段に違う!
味も、感覚も。

一体何処の生ビールやねん。もしかしたら瓶ビールっぽいかも。などと言いながら、机上メニューを開いて見た。
、、、そこには、プレミアムモルツといえば、サントリープレミアムモルツしか記載がない。
、、、グラスもサントリープレミアムモルツの文字が入っていた。
そうか?この店のビールは、サントリープレミアムモルツという文字の入ったグラスに注いでくるビールを、サントリープレミアムモルツと呼んでいるのだな?!
ショックである。
何処にも、ビールの中身までサントリープレミアムモルツの生ビールであるとは書いてないってことか?
こんな商売もあるのだ!
口が笑ってるねん。
この店は、ブランドグラスを使用する。
そのグラスの名前がビールの名称としているらしい。
決して中身の名称ではない。
こんな商売もあるのだ!
サントリープレミアムモルツ、ブランドグラスで飲みたい人はこちらでどうぞ。
生ビール、中身は何のビールかはわからんし。保証なし。
私は、中身がサントリープレミアムモルツがいぞ!
posted by 七色花面 at 09:17| 人間観察日常の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

粗大ごみ処分ビジネスビックサイト

粗大ごみを粉にする魔法、謎解きは東京ビックサイト環境展に発見!

でっかい粗大ごみ、埋め立てるのは無理がある。今まで一体どうやって処分していたのかと不思議に思ってたのですが、なんと!

扱く単純な発想で、巨大ミキサーみたいなものがあった。
どんなものでも、この通り粉々に粉砕仕上がる魔法?

この時代と、産業界に活躍する発想技術者達や、それを実現させてくれるすべての参加者様に感謝してしまいたくなる瞬間でした。

この機械1台で、粗大ごみを資源チップに変換し、新しい産業が出来ちゃうのと違いますか?
  • 20150529080326685.jpg
posted by 七色花面 at 08:13| 人間観察日常の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

通勤電車、、(^^;

乗り換えだ!
出口側に、席を取ったのもいいのかどうかわからない。乗り換えの前に何時もすごい人だ。乗った駅で座席に空きがあるといって喜んで呑気に座っていると、2つ駅を通過した後で気づくのは、すぐに降りられない話である。
出口入口付近で固まっているひとたちがまず降りるまで、待たなければならない。
さらに、自身の前の人をくぐり抜け、向こう側に移動しなければならないのだが、その向こうにも、人、人、人だ。
今まで呑気に座っていたのが申し訳ないような格好で、人々がところ狭しとひしめき合っている。願わくば、これらの人々がここで降車してくれますように。
ほとんど祈るような気持ちで、席から腰を上げ、向こうを見る。ゆっくりとした動きを確認出来た。よかった(v^-゚)スムーズに流れが出来てきた。身体を、ほとんど無意識の内に斜めにして、瞬間わずかに隙間が出来たと思われたその隙間に、身体を挟む。
ここからは強い意思で持って、降車の行動を見せなければならない。出来るだけ、誰にもぶつかることのないように。
広く開いているはずのドアが詰まっているかのような状態に陥るのは、同時に横並び最大3人が限度のところを、4人5人が殺到するから、出られない人がそこで留まり、後ろにその余波を送り付け、後ろではその留まりに対し、さらに別の方向へと移動使しようとする人々の動きが錯綜するから、ドア付近では、降車のその瞬間瞬間がまるで天国と地獄を行ったり来たりしているかのような人々の形相を眺めることになる。
まだ乗客が降りきってないのに発車のベルが鳴る。乗ろうとしている人もいる。
かれらは外のドア横で、先に乗っていた人々が降車するのを待ち構えている。
電車全体で見ると、なんでそこだけに固まるのだ?!と、その電車のドアの開閉を牛耳っている車掌さんの位置から見れば、なんとも、言えない不思議な光景にも映る。
その他のドア付近ではもう誰もそこにたかっていない。スムーズに電車内に入れるドアがいくつもいくつも開いているのに、わずかばかりの移動という身体を動かす作業を惜しんでいるのか、それとも、たった今見つけた入口にフォーカスしたままなのか。
脳機能が固まっているのではないか?
会社人間たちのここだけドア。
フォーカス、フォーカス!
しかし、自由自在にフルコントロールを望む。
朝は、清々しい気分を満喫出来る時間帯だ。乗り換えの足の運びもそれぞれ、それでも黙って速やかに足を運ばなくてはならない。
ようやく乗り換えホームに移動する頃には次の電車がタイミングよく入ってきた。
さて、どの列の後に続こうか。
考える間もなく、ホームは満杯状態で、電車が入って来て扉が開いたおかげで、人々がホームから電車内へと移動、ホームにできた隙間移動する。
降りるのに便利なドアから乗るのである。
posted by 七色花面 at 07:58| 人間観察日常の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
晴れ