黒ハート

2014年01月09日

喜寿のお祝いダブルラッキーセブンのハッピープレゼントとは、

生きるも死ぬも紙一重、  神人会

77歳、喜寿のお祝い。
働き者の母の誕生日にお祝いに行こうとして電話をしました。

先客があった、残念でした。
誕生日当日は、先客があるとのことで、行くのを遠慮した。

数日後、
母を訪ねたら、なんと、、ベッドで真っ黒な顔をしたまま、うずくまるように寝込んでいた!
何してんの?
怪我をしたらしい。右手と、そして左手。
右手は手首複雑骨折。
左手は腕から手首まで打撲と捻挫。
聞くところによると、怪我をしたまま身動き出来ず、風呂も入ってない1かげつ
posted by 七色花面 at 18:33| 人間観察日常の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

正月元旦当日予約2人1室2500円/人朝食付とは

元旦、正月そうそう
引きこもりは縁起が良くない。
お出かけしようと電車にのり、急行電車で宿泊ホテル旅館を検索。
すると、まさかの元旦当日予約空室あり発見!
しかも、二人1室なら1人2500円朝食バイキング付!
これってすごい?駅前ホテル!
無料wifi付!1杯出し珈琲サービス無料飲み放題付!
今年はええ年始まり始まり!!!( ´ ▽ ` )ノ
posted by 七色花面 at 22:28| 人間観察日常の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

☆東京渋谷に集まれる人限定!こんな本当の話、聞いたことがない?!

渋谷へ急げ!!

東京は渋谷で、あなたのこれからすぐあとの未来が変わるかもしれないとあるセミナーがたった2000円で開催される!
運よく、この日、この時間に、空きがあるひとは、渋谷へ急げ!!!

現代きっての感動版だよ。→ リストラ親父ダメ親父、人生あきらめる前に、映画代2000円使って、息を吹き返した人の話を聴いてみよ→ 2000円セミナー:あの元ダメ親父がネットビジネスで新生脱皮!?本人語るこうやってやったんだ。

日本人の奴隷化はもう解かれたはずだなのに・・・。
まだ終身雇用制度の崩壊を考えることもなく、見ることもせず、相変わらず、これまでどおりの良い子ちゃんでリクルートスーツにその身を包み、就職活動をねちねちやっちゃって、今日もマル♪ 明日も多分マル♪
・・・などと、丸々同士の就活負け組みで、誰を組長にするかなんてほざいてる。
そんなお気楽な人生って誰が支えてるん??

案外と、2世帯同居しているお年寄りばあ様じい様の年金が、(彼らの息子一家)、リストラ親父一家の家計をしっかりと支えているってことも現実的にはあるってことだから、今はじい様もばあ様もただ生きてくれているだけでいいという存在にもなっている時代。

孫に小遣いもやれん事情が、小遣いどころか、彼らの一家のすべての経済をさせていたという・・・字いい様ばあ様事情。長生きしてね。 
なんて、いいのか悪いのか。
せめて自分たちの暮らしくらい、自分たちでやってみようよといったところで、頭の固い親父には一度切られた会社人間のクビをつなぐことはできず、そこで再生可能かどうか? 新生脱皮を図れるかどうか??
家族の期待もむなしく、他人の通勤電車の到着を遅らす元サラリーマン? もうやめよ!

人間よ、新しいことに挑戦する勇気を持てよ!!
中高年こそ! 固い脳みそをくにゅくにゅに揉み解してみよ。
ココに発見! → こんなダメ親父が、ほんのちょっとした勇気を出したおかげで、この調子に戻った!!!現代きっての感動版だよ。→ リストラ親父ダメ親父、人生あきらめる前に、映画代2000円使って、息を吹き返した人の話を聴いてみよ→ 2000円セミナー:あの元ダメ親父がネットビジネスで新生脱皮!?本人語るこうやってやったんだ。
ラベル:儲け話
posted by 七色花面 at 11:08| 人間観察日常の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

壁紙のつなぎ目が破れた地震被害の光景

地震被害!

『地震で壁紙のつなぎ目が破れた』
結構どこででもあることらしい。

うちの壁紙、今度の地震では前よりももっと大きく揺られてびりびりに約20cm程、上下が振り切られるようにして破られていた。

すごい揺れだった。

食器棚が倒れて来ないように、身体を張って支えていた。

不思議にからだは宇宙と繋がっているのだろうか? 揺れに合わせて揺らされるのではなく、揺れから宙に身体を立てて、自分の中心をしっかりと確保し、地震の揺れに対応していた。

しっかり立とうと思えば、揺らされる。 立とうとせずにただ宙に浮いて、食器棚が倒れて来ないようにこっちへくればそっちへ戻すという作業だった。

あれから9日目。しかし昨日もちょっと大きめの余震・・・。
ちょうど、千葉県と茨城県の県境にある利根川付近から千葉県道路を走っている途中だった。
走っている車が左右に何度も揺れた。まるでゆりかごみたい?!
「地震か?」
車で走っている途中にゆりかごのような揺れを感じたのは初めてだった。
東西を走っていたので、左右に揺れたということは南北に揺さぶっていたのだろう。

部屋の壁紙クロスの揺れ破れも、南北に一直線で破れている。
隣の部屋も同じである。
鉄筋コンクリートのはずの高層アパートであるが、構造躯体だけは鉄筋コンクリートだろうが、各階の部屋の構成は隣のさかいなど木造らしい。
なので木造部分が揺さぶられるのである。そのずれが激しくなると、その上に貼られている壁紙クロスは横揺れ揺れた分、破れてしまうというわけだろう、。

今回はこれだけ激しく破れたということは今まで以上の揺れだったというわけだ。
この破れ、一体だれの補修費負担になるのだろう??
賃貸アパートなのだ!(@@;)
ラベル:地震
posted by 七色花面 at 19:13| 人間観察日常の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

あなたは「えのき」を見たことがありますか?


「えのき」と聞くと、

白くて細長い集団のあのきのこを思い浮かべる。

しかしこれは違った!

 東京は葛飾区、京成線『堀切菖蒲園』駅から徒歩歩いていける距離にあるところの堀切菖蒲園の園内にあるこれである。

           ↓


SN256263.JPG


  「これって、何と読むと思う?」

  「どれ? ・・・・、・・・・」

  「え、のき・・・・、か、」

 やっぱり…、と思った。

 なんとなくおかしい。そう思ってしまうのは、あの白くて細長い集団を真っ先に思い浮かべてしまうのが『えのき』という音だからだ。

定着してしまってるってことか。

音に対し、そのイメージが固定してしまっているってことなんだろう。

固まってるというのはこういうことなのかも。

本当は何もおかしくないのに、おかしい気分になっている。

それって自分の心の中だけの問題。

そう自分の心の反応にすぎない。

えの木がえのきではなくても、おかしいということにはならないはず。

心の中に固定してしまったそのイメージがおかしい素になっているだけだ。

こういうことって、もっとあるのだろうな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

空く間のささやきがあった。

あ・・・、それって、「え」ではなくて、「これ」って読む漢字じゃアないの?

「これのき」。

ふーーん、なるほど、そう言われてみれば、そう読めなくもないし。

すると「ゆきのき」とも読めるのでは??

…実のところは不明のままである。




もっと人間の探究だったらココ⇒りんごの樹出版
晴れ

posted by 七色花面 at 11:02| 人間観察日常の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
晴れ