黒ハート

2018年03月12日

仮想通貨、暗号通貨、ICOkコインが溢れる

あげます♪
タダで、お金をあげます♪
こんなうまい話が、今、ある。

忙しい人たちの為に、結論からいうと、その実は仮想通貨、暗号通貨、未上場の暗号通貨トークンだ。

上場すれば、そこで取引ができるので、他の通貨と交換できる。通貨は、通貨と交換でき、やがて金とも交換できるので、通貨をお金と呼んでいるのだろう。

2018年、暗号通貨元年。
企業は、資金調達を独自の暗号通貨、通貨発行という形を取るところがでて来た。いわゆるICOというアレであるが、ICOでは、企業は資金調達を目的としているので、他の通貨と交換する。

まだ、未上場の暗号通貨である。
企業が発行する暗号通貨は、今や世界的にみると、1000種類以上あると言われている。その内100種類以上が世界の暗号通貨取引所で取り扱われているという。

そんな中、資金調達するためには、投資目的となる上場目標が必要になってくる。

上場を確定するためには、発行数と、所持件数というものが必要になってくるらしい。

有名な企業が発行するというのなら、大衆も群がるであろうけれど、無名に近いお金を必要としている企業には、誰も投資したがらない。企業と共に、凍死する可能性の方が大きいと思えるからである。


無名な企業が暗号通貨市場へ上場予定すると、件数を稼ぐ為に、企業は何をするか?

これから、募集する暗号通貨を、ペーパー状で、タダで配ると言うのだ。

タダなので、もらっておこうという人々で、まずは件数を稼ぐ。
その中で、企業に興味を持った人々からからは、さらにICOで資金調達の見込みスポンサーともなり得る人々も出てくるだろうから、このタダで配る仮想通貨トークンの金額に見積った額相当分は、企業にとっての宣伝広告費にも相当する。

タダでお金を配る企業の裏事情。

決して怪しい話ではない。

上場が確定し、タダで貰った仮想通貨トークンが、自分のものになって自由に取り扱う事ができれば、これは上場が楽しみになってくる。

上場すれば、他の通貨と交換できる。
企業の事業が魅力的であれば、その暗号通貨も投資の対象となり、価格も上がって行くことが考えられる。

今、92万円〜110万円を往復しているビットコインは、かつて0・2円だったと聞いた。

楽しめるタダで配る企業の暗号通貨トークン。
うまい具合いに、それら情報を掴んだら、気をつけなければならないことは、タダでお金を配るという宣伝に、騙されて、タダで個人情報だけを取られてしまわないことだ。

無料であげます。でも、好きな金額だけでいいから、法定通貨と、余分に、交換してねという宣伝も加え、余分な交換が出来ない人は、個人情報だけを利用するという、無料であげたのは、紙の上だけのメモで済ましてしまうことも考えられる。

無料で仮想通貨、暗号通貨トークンを期間限定で、配っている企業がある。

自己責任で、確認してねという情報を以下にそっと書き込んでおく。

詳しくは、各企業サイトで。

2018年3月15日迄に、メール等、登録すると、タダでその企業の暗号通貨トークンが貰える。→ ユニゾン

タダでこの企業の暗号通貨が送られると言っていたけれど、メールアドレス等、個人情報のみ提供した形になっているキバリオン → ミウガ

ネットで検索すると出てくる。

果たして?
posted by 七色花面 at 23:09| ★誰でも億万長者になれる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
晴れ